2019年3月2日土曜日

新三国志 資源の集め方、略奪やタイルキルについて


皆様お疲れ様です(*´∀`*)


団では軍団メールに皆様に送ってますが、そのメモをそのまま乗せてみようと思います。




資源の集め方


基本的には採取で集めます。

自軍が郡城を持っている場合は郡内なら採取速度は50%あがりますので、出来るだけ郡内で採取しましょう。


あとは部隊は出来るだけ偏らせるのではなく、例えば2部隊採取部隊がいるなら2部隊共同じくらいの耐荷重にしたほうが採取効率が上がります。


帰ってくる時間がほぼ同じなので時間管理をしながら採取出来るからです。

あとは採取時間も短くなるため、タイルキル防止にもなります。





略奪について






略奪は採取時間をカット出来るため、一気に増やすことが可能で成長速度も格段にあがります。

ただ恨みを買われるため、やる人とやらない人に分かれるのが特徴です。


ただやる人はやりますし、略奪ありきのゲーム性のため、資材を大量に持っていると休戦札を貼らない限り略奪されます。


やり方としては政庁レベルの高めな人が基本的には資材が自動的に貯まりやすいので持ってる可能性が高いです。

偵察を使うと1回で略奪出来る量が表示されます。

かなりの量が奪える人だと何回か奪っても美味しいので余裕のあるかたは上級遷都札で横付けします。



もう一つはランダムで移動する遷都令を使い、飛んだ先で近くに良さそうな人がいないか調べながら略奪するやりかたです。

その時も偵察を駆使して探す形です。


これはこのゲームをやっているかたでも多くの方がやっているやりかたではあります。


なので逆に略奪を防止するためには常に資源を空っぽにする。

資源を貯めたい場合は休戦札を貼り時間管理をする。


をやっていかないと敵に資源を与えることになり強化させることに繋がります。

大変ではありますが、このゲームは資源管理がかなり重要です。




ちなみにタイルキル(採取地攻撃)は、あまり旨味がない上に防止対策がないので恨みをかなり買われます。

基本的にはあまりお勧めできません。


恨みを買われない略奪は、引退した人の城を狙う手もあります。

全マップの端っこには引退した方が集まっている場所もありますので、ここを利用して少しずつ資源を貯めるやり方もひとつの手です。

特にあまり育ってないかたにはオススメかも。



0 件のコメント:

コメントを投稿